アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
2014年11月
« 6月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

住宅のトラブル

レンガ

新築のときには丈夫で美しい家も年月とともに少しずつ劣化することとなります。
特に屋根や外壁は長年紫外線や雨風にさらされていますので、少しずつ傷んでしまいます。
見た目が古く、汚れてしまうことはもちろんですが、放置しておくとひび割れなども起り、その部分から雨水が入ってしまう場合もあります。
そのまま放置しておくと家の耐久性を落とし、思わぬトラブルが発生する場合もありますので、傷みに気付いた場合はできるだけ早く対応しておきましょう。

雨漏り対策
特に雨漏りは気をつけたいトラブルですが、この場合は屋根が損傷している場合でも起りますし、ベランダの防水加工が傷んできたことから起る場合もあります。
さらに、外壁にもヒビが入るとそこから水が浸入する場合もあります。
雨漏りを放置しておくとさらに悪化が進んできますし、家の耐久性にかかわってきますので、できるだけ早く修理をしておきましょう。
屋根の場合は瓦を補修する、ベランダの場合は防水加工をやり直すなどで対応できますし、外壁は外壁塗装で傷みを改善していきます。

外壁塗装の効果
外壁塗装を行っておくと、ひび割れなどの傷みも改善され、水が浸入するのも防げるようになります。
外壁塗装は家の耐久性をアップさせてくれるのはもちろん、外壁がきれいになることで、家がより新しくきれいに見える効果も期待できます。
外壁塗装にも様々な種類があり、それぞれ耐久性や仕上がりの良さ、価格は変わってきますので、それぞれの塗装の特徴をよく比較し、最適な塗装を選んでいきましょう。
そして良い仕上がりにするためにも業者選びは大事ですので、慎重に選んでいきましょう。

塗り替え時期はいつか

外壁全面

家には外壁がつきものです。
家の印象を決めるデザイン性とともに風雨から家を守ってくれる大切な役割を担っています。
年中風雨にさらされるわけですから、それなりに劣化も進みます。
劣化したものをそのままにしておくと、美観が損なわれるだけでなく、家そのものを痛めてしまうことになります。
壁を触って白い粉が手についたり、塗装仕上げなら塗装表面にひび割れが見えたら、放っておかずに早めに修理に取り掛かる必要があります。

費用が心配なら
ただ、外壁塗装を行うためには、一度表面の汚れやコケを落とす必要があります。
塗装や張り替えともに足場を組んでの作業となりますから、大掛かりなものです。
そうなると、当然修理費用も嵩みます。
修理費用は何百万単位になりますから、あらかじめ、おおよその耐用年数から予想して積み立てておくと安心です。
修理費用が準備出来ないからと言って放っておくと雨漏りが起こる場合があります。
一旦雨漏りしてしまうと、壁の内部に染み込んでいきます。

信頼出来る業者選びを
雨漏りするようになってしまうと、壁紙から床まで水びたしになってしまうことになります。
壁紙や床は洗えませんから、そのままシミになります。
そうなってからでは、元に戻すのに大変な費用がかかってしまいます。
また、水がどこから出ているかを見分けるのは、一般の建築業者でも出来ることではなく、専門業者でなければ難しい作業です。
電気などの配線が濡れては漏電の可能性もあります。
もし、雨漏りしてしまった場合には、経験豊富な専門業者に依頼することをおススメします。